FXのツール機能も多彩

これまでに何回もFXの取引をしている方もぜひもう一度復習をしておくようにしましょう。
どんなことでも基礎となることは必要不可欠なのです。

 

FXのツールはその機能によって、FXで損失を少しでも減らそうとする情報などを敏速に得るためには、とっても重要であることがわかると思います。
FXの取引では重要な経済指標を一日前と当日、翌日分まで観覧可能なツールもあり数多くのFXユーザーに利用されています。
FXツールでは経済に関わりのありそうな最新のニュースも様々な視点から知ることが出来るので、そのニュースの情報から為替の動きをある程度予測することが出来ることでしょう。
また指定をした為替のレートの具合などをアラーム設定可能な出来るツールも出てきており、敏速な取引をすることが出来るようなります。

 

現代ではFXのツールに搭載されている機能も非常に多くなってきており、同じツールのユーザー同士でチャットすることのが可能なツールもあります。
自分以外の他の人がどんなタイミングで損切りをしているか、また為替の動きの情報などといったものを交換することが可能となっています。



FXのツール機能も多彩ブログ:19年05月20日

何年か前、我が家では…

僕が
「それでね、………でね、そしたら〜〜〜」
とひたすら話す。

主人は、面倒くさそうに、
「うん、うん、でさ、結論は何?!結論から言ってくれる?」

僕はむっとして
「え??ちょっと聞いてほしかっただけ、
聞きたくないのなら、もういいよ!」

…といったやりとりが頻繁にありました。

僕は心の中で
「もう2度と主人には話さない!」
と決意します。

決して、仲が悪かった訳ではないんですよ。
当時も僕たちは
「仲が良い…少なくとも仲悪くはない夫婦」と
お互いに思っていました。

なので、
もう2度と主人には話すもんか!と決意しておきながら、
何かあると、やっぱり聞いてもらいたくなり、
懲りもせずに話して…
またけんか、と同じことを繰り返していたわけです。

もうひとつ、よくあったパターンが…

主人が車を運転中
のろのろしている車や、少々危険な歩行者に対して、独り言のように…
「早くしろよ〜!」「まったく、あぶないなあ〜!」
と怒る主人。

それをしばらく助手席で聞いていると、
なぜか無性にイライラしてくる僕。
「そんなに怒らないでよ!相手にも相手の事情があるのよ!」
と主人に怒る。

感情って、共鳴するんですよね。

しかし、気がつけば、
最近はコミュニケーションの仕方が
ずいぶん変わりました。

車の中での会話でも、
主人はたぶん同じくらい怒っているのではと思うのですが、
僕がそれにほとんど腹が立たなくなったのです。

例えば、
危なっかしい歩行者がいたとして、
それに主人がイライラするとします。

僕は僕で「ほんと、あぶないね〜」と自然に共感できたり、
怒っている主人を見て、笑えたり…

聞いてほしい時の会話でも、
主人は以前に比べてよく話を聞いてくれるようになりました。


ホーム サイトマップ