往復取引と言われるデイトレード

往復取引と言われるデイトレード


往復取引と言われるデイトレード
これからのFX取引で稼いでいくためには知っておく必要があります。
既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、初心に帰ってこちらで勉強してください。

FXで取引をする場合の手数料には、大きく分けて「取引手数料」と「スプレッド」の2種類あります。
この2つの手数料を合算されたものが、FXの世界では「実質合計手数料」と呼ばれています。
FXにおける手数料が、どれだけ必要になってくるということで、FXの取引が左右されます。
手数料につきましてはFXを始める前に必ず理解をしておかなければいけないことの一つなのです。

往復取引のデイトレードについてまずはしっかりと覚えておく必要があります。
取引数が1000の場合、その取引数1000で片道の手数料を計算していきます。
そして1000×5銭で50円という片道の手数料が加わります。



往復取引と言われるデイトレードブログ:19年04月24日

一週間くらい前、
フリーで仕事をしているおいらのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどおいらは24時間悩み込んでしまいました。

「家内と子供のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のおいらが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

おいら一人では答えが出せず、
思い切って家内に相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
家内も答えが出せずにいました。

もちろん家内にとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど家内の心の中にも、
「夫にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな家内の気持ちを知ったとき、
おいらは「はっ」と気付きました!

今までおいらは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもおいらは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを家内や子供に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたおいらは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。

往復取引と言われるデイトレード

往復取引と言われるデイトレード

★メニュー

インターネットやテレビなどの為替の動き
FXに関する情報のみを配信しているサイト
FXも株取引やその他の投資と同等
「スプレッド」も重要なポイント
投資効果に優れたとても魅力的な商品
FXのツール機能も多彩
出来るだけ少ない投資でリスクを抑えたい
リアルタイムティックチャート
時間を掛けたくなかったら「スワップ狙い」
往復取引と言われるデイトレード


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)そこが知りたい!噂のFX